読書感想文が書けない?ワンツーワン流の読書感想文術教えます!

読書感想文 教室運営

読書感想文

『子供が読書感想文が苦手・・・』

『実際どう書いたらいいかしっかりと教えられないし・・・』

こんなお悩みはありませんか?

いつもお世話になります、ワンツーワン個別学院山手通り校教室長の伊藤大地です。

今回の記事では、読書感想文が苦手な生徒にワンツーワンではどんな教え方をしているのかについて解説していきます。

この記事を読むと、読書感想文の書き方がしっかりと理解できるので、是非最後までご覧くださいね。

読書感想文が書けないのは書き方を知らないだけ

読書感想文を書けないお子様の最大のポイントは、読書感想文の書き方をしらないということです。

確かに、学校の授業で習うことはあっても、年に何回も添削をしてどこがいいか悪いかのフィードバックを貰えるわけではありません。

だからこそ、読書感想文の書き方を知って実際に使ってみるということが上達のための必須事項なんです。

読書感想文の書き方とは?

さて、読書感想文の書き方、つまりどこに何を書くのかをここでは解説していきます。

一般的な内容ですが、この内容を読んで書くだけでも感想文の質は劇的に変わるので是非一読ください。

はじめ

まず、はじめの部分は、本の説明と本を読んだ理由両方を書きます。

本の説明の内容については以下の通りでこの中から一つ選んで記載します。

  • 題名を説明する
  • どんな本かを説明する
  • 主人公などの登場人物についての説明をする
  • 表紙には何が載っているのかの話をする

次に本を読んだ理由は次の内から一つ選んで書きます

  • 自分の好きなものや、好きなことが書いてあった
  • 題名や表紙が気に入った
  • 誰かに教えてもらったから

なか

中は場面描写などを含め感想文の中でも一番ボリュームの多いところです。

ここでのポイントは、とにかく印象に残った場面を2つ抜き出して、書くことです。

その場面で思ったことや、場面の描写などを含め詳細に書くようにするといいですよ!

おわり

終わりはまとめです。

まとめ方は以下の内容の中から一つ選び書いてみるといいですよ。

  • 強く思ったことを書く
  • 主人公と自分を比較した内容を書く
  • これからしたいことを書く

【まとめ】読書感想文講座について

この記事では、読書感想文の書き方をお伝えしてきました。

読書感想文は苦手なお子様が多く、そのためワンツーワンでは年に3回以上の読書感想文講座を開催しています。

そこでは、上記の内容に加えて教室長の伊藤が添削を行っているので、案内を受け取ったら是非受講してみてください!

最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

コメント